【美しさ】孔子の英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

死後2500年経った今でも愛される孔子の格言をご紹介!

孔子の「美しさ」の格言
孔子の「美しさ」の格言

“Everything has its beauty but not everyone sees it.”-Confucius

全てのものは美しい。だが全ての人にそれが見えるわけではない。

-孔子 (B.C.551-B.C.479)

【本日の格言解説】

今回は、中国の思想家・孔子の言葉をご紹介!

儒家の始祖である「孔子」という名前は英語で『Confucius』と言います。
イエス・キリスト、釈迦、マホメットと並び【世界の四聖人】に数えられ、一説には弟子が3000人もいたとも伝えられています。

「孔子と言えば論語」と思う人も多いですよね。

論語 (岩波文庫 青202-1)
推薦者:渋澤 健氏(コモンズ投信株式会社取締役会長) 生活や仕事上の逆境に立ったとき、自分が揺るがないように心の置き場所がつくられている。二千五百年の知恵という宝刀が手に入ることは心強い。 古代中国の大古典「四書」のひとつで、孔子とその弟子たちの言行を集録したもの。人間として守るべきまた行うべき、しごく当り前のことが簡...

朱子学において『中庸』『孟子』『大学』と合わせた四書の1つとされる『論語』ですが、実は孔子自身が書いたものではありません。

孔子自身の言葉や、人との問答などを弟子たちが書き留めておいたものを、孔子の死後に弟子たちが400年(!)もかけてまとめて編纂したものなんだとか。

孔子は「無王」(称号のない王)と呼ばれました。
背は188cmもあり、73歳という当時にすれば驚異的な長生きをしたそうです。

「仁」が何より大事だとする教えを説いて回った孔子ですが、そもそも「仁」って何だか知っていますか?

簡単に言えば「仁」とは「人を思いやる気持ち」。

深く人間を愛し、大切にするというその気持ちを繰り返し説き続けた孔子。

孔子が亡くなってから2500年以上経った今も、彼の言葉は残っています。

言葉の命は、永遠なんですね。

タイトルとURLをコピーしました