【セロテープ】は英語で通じる?通じない?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供の工作だけでなく、仕事の書類への貼り付けなど、様々な用途で使う【セロテープ】は英語で通じる?通じない和製英語?

【セロテープ】は英語で通じる?通じない和製英語?
【セロテープ】は英語で通じる?通じない和製英語?

「セロテープ」は英語で【地域によっては通じにくい】

日本語では、大人も子供も当たり前のように使っている「セロテープ」は英語では地域によっては通じにくい和製英語です。

セロテープはアメリカ英語では[scotch tape]と表現します。

[scotch tape]はもともとアメリカの3M社が開発した商品の名称。

それが今では一般的な呼び方になっているんですね。

そもそも日本語の「セロテープ」という単語もニチバンの商品名で、一般名称としては「セロハンテープ(cellophane tape)」となります。

ちなみにイギリス英語圏では、イギリスで有名な商品名の[sellotape]が一般名称として使われているので、「セロテープ」でそのまま通じます。

日本の名称はイギリス由来ということですね。

最後に、文房具英語検定で実力チェック!

タイトルとURLをコピーしました