英語で【負け惜しみ】を意味する果物は?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語で【負け惜しみ】を表現するのは「バナナ・ブドウ・リンゴ」のどれ?

英語で【負け惜しみ】を意味する果物は?
英語で【負け惜しみ】を意味する果物は?

英語で「負け惜しみ」の表現に使われる果物は【ブドウ】

「grapes=ブドウ」を使った、[A case of sour grapes.]で「負け惜しみ」というイディオムに。

この表現は、イソップ物語の「すっぱい葡萄」からきています。

キツネが、高いところに実っているブドウが取れなくて「あんなブドウは酸っぱいに決まっている!食べるもんか!」と、負け惜しみを言った事が由来だそう。

ところで、イソップ物語と言えば『アリとキリギリス』や『ウサギとカメ』などが有名ですが、これらのタイトルの英語名を知ってますか?

正解はイソップ童話3択クイズでチェック!

(※表示されない場合はオリジナルサイトでご確認下さい)

タイトルとURLをコピーしました