【ツクシ】は英語で通じる?通じない?「つくしを食べる文化」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

暖かくなると土から出てくる春の植物【ツクシ】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ツクシ】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ツクシ】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ツクシ」は英語で【通じない】

春になると地面から出てくる「ツクシ」は英語では通じない日本語です。

「ツクシ」は漢字で「土筆」と書きますが、英語では[horsetail]、直訳すると「うまのしっぽ」です。

スポンサーリンク

「うまのしっぽ(ホーステール)」と聞くと髪型の「ポニーテール」を連想する方も多いですが、こちらはそのまま[ponytail]で英語で通じます。

日本でも「つくし」は地域によっては「つくしんぼう」や「ほうしこ」とも呼ばれているんだとか。

例文として「日本にはツクシを料理して食べる文化があります。」は英語で[In Japan, there is a culture of cooking and eating horsetail.]などと表現しますよ。

スポンサーリンク

この例文のように、日本では山菜としても親しまれ、俳句では春の季語としても使われていますね。

最後に【春の植物英語クイズ】に挑戦!

合わせて、春の野菜【春キャベツは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました