利用者急増中の【ネットスーパー】は英語で?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの影響で利用者が増え続ける【ネットスーパー】って英語で言える?

利用者急増中の【ネットスーパー】は英語で?
利用者急増中の【ネットスーパー】は英語で?

「ネットスーパー」は英語で【online supermarket】

英語では「インターネット上の」という意味では[net]ではなく[online]を使うのが一般的。

このため、「ネットショップ」は[online store]のように呼ばれるのが普通です。

「ネットスーパー」も英語っぽく聞こえるので、なんだかややこしいですよね。

アメリカではネットスーパーだけでなく、提携スーパーでの買い物を代行してくれるサービス[Instacart]などが大流行中です。

新型コロナウイルスにより外出が制限されたり、感染を恐れる人などが買い物代行サービスで商品を頼む機会が増え、インスタカートでは需要に応える為に新たに30万人を雇用し、【更に25万人規模の買い物代行スタッフの雇用】(CNN 英語ニュース記事)を予定しているんだとか!

最後に【ホームセンターは英語で通じる?】も一緒にチェック!

タイトルとURLをコピーしました