英語で【お世辞を言う】表現に使われる食べ物は?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「チーズ・牛乳・バター」の中で【お世辞を言う】という英語表現に使われるのはどれ?

英語で【お世辞を言う】表現に使われる食べ物は?
英語で【お世辞を言う】表現に使われる食べ物は?

英語で「お世辞を言う」表現に使われるのは【バター】

英語には[butter up]という表現があり、これには「お世辞を言う・機嫌をとる・ごまをする」という意味があるんです。

[He buttered up his boss.]で「彼は上司にお世辞を言った。」となります。

スポンサーリンク

日本語でもご機嫌取りと言えば「ゴマをする・ヨイショする・太鼓持ちをする」など面白い表現がありますが、英語では「バター」を使うなんて、食生活や文化の違う海外っぽい表現で面白いですね!

他にも「ゴマをする・機嫌を取る」という意味で[apple polish] (直訳でリンゴ磨き) や、[brown nose](直訳で茶色い鼻)なんて面白い表現もありますよ。

最後にイチジクやラフランスなど【果物英語3択クイズ】で実力チェック!

タイトルとURLをコピーしました