香水の事を【パフューム】って言って英語で通じる?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フレグランス・コロン・パフュームなんて色々な言い方がありますが、香水は【パフューム】で通じる?

香水の事を【パフューム】って言って英語で通じる?
香水の事を【パフューム】って言って英語で通じる?

「パフューム」は英語で【通じる】

「香水」は英語で[perfume]でOKです。

日本の3人組ポップグループの『Perfume』の発音と違って、英語では[fu]にアクセントをつけて「パ”フュー”ム」と発音しましょう。

ところで、今回出題のパフュームとコロンとフレグランスの違いは何でしょう?

「パフューム:perfume」は香りのオイルの濃度が15~30%程度の物を指し、朝から夜まで香りが持続するもの。

「コロン:cologn」はオイル濃度が2~4%程と低く、香りの持続時間は2~3時間程のもの。

「フレグランス:fragrance」は「良い香りのもの」という幅広い意味で使われる単語で「部屋の芳香剤」は[room fragrane]ですね。

他にも濃度15~20%の「パルファム:Eau de Parfum」や濃度5~15%の「オードトワレ:eau de toilette」など様々な種類があるので、興味がある方はフレグランスの名前の違いについての英語記事もオススメです。(リンクはニューヨークタイムズの記事)

最後にミモザやクチナシなど香水にも使われる【花の英語クイズ】に挑戦!

タイトルとURLをコピーしました