みんな大好き【カツカレー】って英語で言える?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

野菜と肉の旨味が詰まったカレーの上にサクサクのトンカツをのせて食べる【カツカレー】は英語で?

みんな大好き【カツカレー】って英語で言える?
みんな大好き【カツカレー】って英語で言える?

「カツカレー」は英語で【cutlet curry】

他にも[curry with pork cutlet]なんて言い方もできますね。

実は最近、ある国で「カツカレー」が国民食と言っていいほど広がっているのを皆さんご存じですか?

スポンサーリンク

カツカレーが国民食にまでなっている国はイギリス。なんと現地では[katsu curry]と言って問題なく通じるほど一般的な料理になっているそう。

現地で100店舗以上展開する人気日本食チェーン店『Wagamama』が火付け役となり、今や日本食を出す店には無くてはならないメニューになっているんだとか。(リンクはWagamamaのメニュー)

2018年には日本人も大好きなCoCo壱番屋がロンドンに進出し、人気を博しているというから驚きです。

スポンサーリンク

ちなみに、日本のカツカレーと言えば豚を使ったトンカツが一般的ですが、宗教上の理由などで豚を食べられない人も多いイギリスでは鳥を使ったチキンカツが「カツカレー」の基本スタイル。

CoCo壱番屋のロンドン店のメニューを見ると「Chicken Katsu & Cheese Curry(チキンカツチーズカレー)」が人気ナンバーワンとなっているのも納得です。(リンクはCoCo壱番屋ロンドン店のメニュー)

CoCo壱番屋 レトルトポークカレー(5個入)
ポークの旨みがきいた飽きのこないカレーです。 原材料カレールウ、野菜(玉ねぎ、人参)、豚肉、豚脂、でんぷん、ウスターソース/調味料(アミノ酸等)、乳化剤、カラメル色素、酸味料、香料、香辛料抽出物、(一部に乳成分・小麦・落花生・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

明治時代にイギリスから日本にもたらされた「カレー」が日本で独自の進化を遂げて「カツカレー」としてイギリスに再上陸して市民権を得ているなんて感慨深いですね。

合わせて日本人が大好きな【ツナの缶詰は英語で?】もチェック!

タイトルとURLをコピーしました