英語の間違い探し【雷が鳴ってる】の英文にあるミスは?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語で「雷が鳴ってる」と言いたい時に[The lightning is roaring!]では間違え!

英語の間違い探し【雷が鳴ってる】の英文にあるミスは?
英語の間違い探し【雷が鳴ってる】の英文にあるミスは?

間違っているのは【lightning】

まず最初に「雷」の英語として思い浮かべる「thunder(サンダー)」と「lightning(ライトニング)」の違いをしっかり覚えましょう。

完結に言うと「サンダー(thunder)」は「雷の音(雷鳴)」で、「ライトニング(lightning)」は「雷の光(稲光・稲妻)」という違いがあります。

つまり今回の「雷が鳴ってる」を英語で言いたければ[The thunder is roaring!]が正解です。

では、雷の光である「雷光・稲妻」と、雷の音である「雷鳴」を一緒に言う事は出来ないのか…と、がっかりしている方に覚えてほしい単語が「thunderbolt(サンダーボルト)」です。

カッコいい響きのする「サンダーボルト(thunderbolt)」ですが、この単語には「雷鳴を伴う稲妻・落雷」という意味があり、「ピカっ」と「ゴロゴロドーン」が同時に発生するようなイメージの単語です。

普通は光の速度の方が速い為、「ピカっ」となってから一呼吸置いて「ゴロゴロドーン」と音が聞こえますが、それが同時に発生する(落雷の距離が近い)という事から「突然の事・思いがけない事」という意味も[thunderbolt]にはあるので一緒に覚えておきましょう。

最後に入道雲や雹(ひょう)などの【お天気英語クイズ】で実力チェック!

タイトルとURLをコピーしました