英語でウサギが【ピョンピョン跳ぶ】を表すのはどれ?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウサギが【ピョンピョン跳ぶ】様子を表現する英語は【ホップ?ステップ?ジャンプ?】のどれでしょう?

英語でウサギが【ピョンピョン跳ぶ】を表すのはどれ?
英語でウサギが【ピョンピョン跳ぶ】を表すのはどれ?

ウサギが「ピョンピョン跳ぶ」を表現する英語は【hop】

動物などがピョンピョン跳ぶ様子を、英語では[hop]で表現します。

ウサギやカンガルーなどはまさに[hop]する動物の例ですね。

The Kangaroo is the World's Largest Hopping Animal | National Geographic
[動画:世界最大のHopする動物]

人間が行う動作にも[hop]を当てはめる事は可能で、こちらの場合は「(人が)片足でピョンピョン跳ぶ様子」を[hop]で表現します。

イメージとしてはその場でピョンピョン片足で跳ぶといった感じでしょうか。

一方[step]は、歩く時や走るときに足を前に出す事で、日本語的には「一歩」という言葉で考えるとイメージがしやすいですね。

[step]を繰り返す事でその動きは[walk:歩く]になるという覚え方もよいかもしれません。

では、最後に[jump]ですが、これは「 ( 両足を使って勢いよく)跳ぶ」という意味になります。[hop]が小さい「ピョン」だとしたら、[jump]は大きい「ビョーン」という感じでしょうか。

動物に使う時には、カエルやノミなどには[jump]を使う事が多いようです。

ちなみに名前自体に[grasshopper]と[hop]という字が使われている「バッタ」ですが、こちらは[jump]も[hop]も使われます(ややこしい…)。

ここら辺の使い分けは個人の感覚によるところも大きいので、我々は「小さいピョンピョンはhop」、「大きいビヨーンはjump」くらいの感覚で覚えておくくらいが丁度いいかもしれませんね。

合わせて【モルモットって英語で通じる?】もチェック!

タイトルとURLをコピーしました