【あおり運転】は英語で何て言う?「急ブレーキ・あおり運転を受けた」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

他の車の走行を妨害したりする【あおり運転】は英語で何て言う?

周りをあおる【煽り運転】は英語で何て言う?
周りをあおる【煽り運転】は英語で何て言う?

「あおり運転」は英語で【road rage】

[road rage]を直訳すると「道の怒り」ですが、これは追い越しされたりクラクションを鳴らされた事に対して過剰に反応し、報復を行うような行動を指しています。

少し注意したいのは、日本語の「あおり運転」は車の幅寄せや急ブレーキ、車間距離の不保持などと言った車で行う悪質な行為(煽り)を表現する言葉として使われる事が多いですよね。

スポンサーリンク

一方で、英語の[road rage]は車の運転にまつわる報復行為などを広く表現する言葉なので、例えば人が車に近寄って窓ガラスを叩いたり、フロントガラスに物を投げるなんて行為も[road rage]と言えます。

英字新聞[The Japan Times]でも法改正について[Japan enacts law to impose tougher penalties for road rage incidents](日本があおり運転に対しより厳しい罰則を適用する法律を制定)という見出しで、法改正に至った経緯や新しい罰則などについて説明しています。(リンクはJapan Times)

今回の法改正でも具体例としてあげられた「車間距離不保持」(後ろから非常に接近した距離で運転をする事)は英語では[tailgating]、「急ブレーキ」は[sudden braking]なんて言うので、もし状況を説明する必要がある場合は使ってみて下さい。

スポンサーリンク

他にも、あおり運転の英語として[tailgating]という表現もあり、こちらは「前の車にぴったりついて走る」という意味がある[tailgate]という動詞の名詞形です。

例文として「昨日、あおり運転を受けました。」は英語で[I got a tailgating yesterday.]などと言える訳ですね。

ちなみに、あおり運転行為が認定されると、免許の取り消しや再取得不可能な期間(2~5年)の指定だけでなく、懲役または罰金刑も適用されます。

スポンサーリンク

あおり運転をそそのかしたり手伝った同乗者についても摘発などが行われるので皆さん気を付けましょう。

煽り運転を受けた時は絶対に車外に出ずに、まずは110番で警察を呼んで下さいね。

最後に車に関連する【クラクションって英語で通じる?】も合わせてチェック!

タイトルとURLをコピーしました