英語の間違い探し【彼は店員です】の英文にあるミスは?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語で「彼は店員です」と言いたい時に[He is a shop staff.]では間違え!

間違っているのは【shop staff】

実は英語で[staff]は、単数形であってもそこで働く従業員全体の事として使われる単語なので、1人の従業員を表すには[staff member]とするのが一般的です。

つまり「彼は店員です。」と英語で言いたい場合は[He is a shop staff member.]と言いましょう。

シチュエーション的に、職業を紹介している場合(「彼の仕事はお店の店員です」と言いたい場合)は[He is a shop worker.]と言うのもよいですね。

また、もう少し細かい部分の話をするとアメリカ英語での[shop]は専門的な(小さな)お店を指す時に使います。

コーヒーを売る喫茶店は[coffee shop]ですし、お花を売る花屋は[flower shop]です。

一方[store]はより広範囲の品物を扱ったり、店内で加工や作業を行わずに、仕入れた商品をそのまま売るようなお店に使われる単語です。

例えば薬などを売るドラッグストア[drugstore]や、衣類を売る服屋は[clothing store]と言うので、洋服屋さんの販売員をしているのであれば[store staff member]や[store clerk]なんて言ってもいいかもしれませんね。

最後に【このお店はストア?ショップ?】の2択クイズに挑戦!

タイトルとURLをコピーしました