英語でコンコン「ドアを鳴らす」は【knock?nock?】

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンコンと【ドアを鳴らす】という意味の英語のスペル「ノック」で正しいのは「knock」?「nock」?

「ノック」の正しいスペルは【knock】

部屋に入る前に、「ドアを軽くコンコンとならす」のは、[knock on the door]と言います。

スペルの最初に[k]が付いていますが、[k]は発音しないので注意しましょう。

このように発音しない文字を「黙字」と言い、英語には[psychology(サイコロジー)]や、[honest(オネスト)]など色々なパターンがあるので困っちゃいますよね。

ちなみに[knock on]の[on]を付けずに[knock the door]とすると、ドアを鳴らす音がちょっと大きいイメージに変わりますよ。

発音で間違いやすいのが[lock the door]「鍵を閉める」。部屋に入る前には[knock]を、お出かけ前には[lock]を忘れないようにしましょう。

最後に、この単語「K」が付く?付かない?の2択クイズに挑戦!

タイトルとURLをコピーしました