梅雨によく見る生き物【カタツムリ】は英語で?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本で梅雨と言えば、降り続く雨とアジサイ、そして【カタツムリ】ですが、これって英語で何て言う?

梅雨によく見る生き物【カタツムリ】は英語で?
梅雨によく見る生き物【カタツムリ】は英語で?

「カタツムリ」は英語で【snail】

日本語では童謡のタイトルにもなっている「でんでんむし」などとも呼ばれるカタツムリですが、英語ではちょっと面白い物の別称として使われているのでご紹介しましょう。

英語で「カタツムリ(snail)」と呼ばれている以外な物とは【@(アットマーク)】。

見てしまえばもう由来はすぐにわかってしまいますが、「@」がグルグル渦を作っているように見える部分をカタツムリの巻貝の部分に照らし合わせて[snail]と呼ぶんだとか。

ちなみに、「@」をカタツムリと呼ぶのはフランス語や韓国語などでもある文化だそうで、人間皆考える事は同じという事でしょうか。

また、フランス料理としてもよく知られているエスカルゴですが、これはフランス語で「カタツムリ」の事。

ただし、お店で出されているエスカルゴ(カタツムリ)はちゃんと食用として処理されているものなので、道端にいるカタツムリは寄生虫や雑菌などの危険もあるので食べないようにしましょう…。

合わせて意外と知らない【テントウムシは英語で?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました