【未来】ルイ・アームストロングの格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、トランペット奏者としても有名なジャズミュージシャン、ルイ・アームストロングの格言をご紹介! 

ルイ・アームストロングの「未来」の格言
ルイ・アームストロングの「未来」の格言

“What we play is life.” -Louis Armstrong

人生は、音楽だ。

ルイ・アームストロング(1901-1971)

【本日の格言解説】

愛称サッチモで知られるアメリカを代表するジャズミュージシャン、ルイ・アームストロング。

貧しい家に生まれた彼は、銃の発砲騒ぎを起こして更生施設へと送られます。しかし運命のイタズラとも言うべきか、彼はそこでトランペットと出会うのです。

彼の音楽がどれくらい人々の心に響いたのか、興味深い逸話があります。
1964年、14週にもわたり全米シングル・チャート1位を獲得し続けていたのが、世界的にスーパースターになっていた「ビートルズ」でしたが、その記録を止めたのがルイ・アームストロングの『Hello Dolly!』でした。

この時彼は63歳。当時流行っていた音楽とは、ジャンルもノリも違います。
それでも彼の音楽が、人々の心を揺さぶり、年齢も性別も超えて愛されていた、というのがよく分かりますね。

彼の遺した「WHAT A WONDERFUL WORLD」は、今や数々のミュージシャンにカバーされる名曲となりました。

この素晴らしき世界
Amazon Musicでルイ・アームストロングのこの素晴らしき世界 をチェック。Amazon.co.jpにてストリーミング、CD、またはダウンロードでお楽しみください。

人生という名の音楽、その奏者は私達。舞台はこの”WONDERFUL WORLD”。

ていねいに精一杯、奏でたいものです。

タイトルとURLをコピーしました