【未来】マルクス・トゥッリウス・キケロの格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、共和制ローマ時代の代表的な政治家、マルクス・トゥッリウス・キケロの格言をご紹介!

マルクス・トゥッリウス・キケロの「未来」の格言
マルクス・トゥッリウス・キケロの「未来」の格言

“While there’s life, there’s hope.” -Marcus Tullius Cicero

命ある限り、希望はある。

マルクス・トゥッリウス・キケロ(BC106-BC43)

【本日の格言解説】

古代ローマの政治家や哲学者、そして弁護士としても知られたキケロ。

彼なくして西欧文化を語ることはできないと言われるほどの功績を残し、後の西欧文化に大きな影響を与えています。

代表作『義務について』『老年について 友情について』『怒りについて』などは、日本語にも翻訳されています。

老年について 友情について (講談社学術文庫)
マルクス・トゥッリウス・キケロー(前106-43年)は、共和政末期のローマに生きた哲学者・弁論家・政治家として知られる。本書は、その最も人気のある二つの対話篇を定評ある訳者による新訳で一冊にまとめた待望の文庫版。「無謀は華やぐ青年の、智慮は春秋を重ねる老年の特性」、「友情においては地位や身分での分け隔てがあってはならな...

例えば「義務」というと、「これこれをしなければならない」と、構えてしまいますが、どちらかというと、「どう生きるべきか」が記されており、現代人にもきっと大切なことを気づかせてくれるでしょう。

しかし有神論者である彼はすべてに神の存在を主張していたため、その偏った物の見方に、今でも批評が後を絶たないと言われています。

また、古代ローマといえば「カエサル」を思い出す人も多いのではないでしょうか?
カエサルが書いた『ガリア戦記』は、キケロも絶賛した遠征記録です。

Bitly

カエサルとは少なからず縁があったキケロ、一説にはライバルであったと言われています。
しかし、何かと対立することも多く、カエサルに不信感を持ったキケロは、最終的に暗殺を支持していたそうです。

その後、カエサルの後継者候補のアントニウスを批判したこともあり、愛娘、仲間、信用を失ったキケロは、最後には暗殺されてしまいます。

しかし彼の遺した言葉はどれも前向きだったそう。

前向きに生きることで生まれた希望が原動力となり、彼のバイタリティや情熱を生み出していたのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました