【ビジネス】ウォルター・バジョットの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は『エコノミスト』の編集長も務めたイギリスの評論家、ウォルター・バジョットの格言をご紹介。

ウォルター・バジョットの「ビジネス」の格言
ウォルター・バジョットの「ビジネス」の格言

“The greatest pleasure in life is doing what people say you cannot do.” -Walter Bagehot

人生最大の楽しみは、不可能と人に言われたことをやってのけることだ。

ウォルター・バジョット(1826-1877)

【本日の格言解説】

英評論家・経済学者・ジャーナリスト、ウォルター・バジョット。
彼は35歳から51歳で亡くなるまで『The Economist』編集長を勤めています。

『The Economist』は現在でも様々な問題を取り上げ、世界的にも有名ですね。
英語の勉強をしている人は、WEBサイトでニュースを読んだことがある人もいるのではないでしょうか?

The Economist [UK] July 4 - 10 2020 (単号)
If you want to know what the rest of the world is thinking, get the Economist, which is known for its insightful articles and analysis of politics, business, fi...

ウォルター・バジョットが関わった『The Economist』のなかで有名なのは、1866年に起こったイギリスの金融恐慌について、イングランド銀行の問題点について述べたもです。
イングランド銀行はバジョットの記事を受け止め、これは恐慌の終息の一つとなりました。

銀行家の息子に生まれた彼がその道を辿ったのも、ただの偶然とは言えないようです。

さて、色々な解釈がなされている今回の格言ですが、人の期待をいい意味で裏切ってニヤリとするような遊び心が感じられますね。
真面目でしっかりとした銀行家と、探究心の強いジャーナリスト…一見相反するように見えますが、自分の持つそれぞれの力をうまく組み合わせることで、すごい力を発揮するんですね。

タイトルとURLをコピーしました