英語で【ないものねだりをする】の表現に使われる天体は?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ないものねだりをする】という英語表現に使われる天体は「太陽・星・月」のどれ?

英語で【ないものねだりをする】の表現に使われる天体は?
英語で【ないものねだりをする】の表現に使われる天体は?

英語で「無い物ねだりをする」の表現に使われるのは【月(moon)】

「ないものねだりをする」は英語で[ask for the moon]又は[cry for the moon]と言います。

[cry for~]という英語表現は「~を(強烈に)欲しがる」というような意味があり、直訳的に考えると、欲しがって泣き叫んでいる状況が浮かびますね。

ですので、月を欲しがっても手に入らない、ということから「無い物ねだりをする・不可能な事を望む」という意味になります。

俳人一茶の句に「名月を取ってくれろと泣く子かな」というのがありますが、まさにそんな感じなのでしょう。

有名な絵本『はらぺこあおむし』の作者エリック・カールも『パパ、お月さまとって!(原題:Papa, Please Get the Moon for Me)』という絵本を描いており、こちらはまさに[ask for the moon]に着想を得て描かれた作品と言えそうですね。(リンクはamazonで販売されている絵本)

[There’s no use asking for the moon.]「無い物ねだりをしても無駄ですよ。」なんて英語で言えますよ。

最後に、ないものねだりの結果…?【バツイチは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました