【前向き】パリス・ヒルトンの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、ワイドショーでも大人気「お騒がせセレブ」こと、パリス・ヒルトンの格言をご紹介

パリス・ヒルトンの「前向き」な格言
パリス・ヒルトンの「前向き」な格言

“The way I see it, you should live everyday like its your birthday.” -Paris Hilton

毎日が誕生日みたいに生きるべきよ

パリス・ヒルトン(1981-)

【本日の格言解説】

The way I see it:私が思うに

ヒルトンホテル創始者コンラッド・ヒルトンの孫娘パリス・ヒルトン。

派手好きな性格のパーティーガールとしてメディアを日々騒がせている彼女は、幼いころよりカメラが周りにいるのが当たり前の生活を送ってきたそう。

リアリティ番組の撮影では、自宅敷地内だけではなく部屋にまでカメラが入ってきたものの「何の違和感も感じない」と発言していました。

彼女の他の名言には[I don’t want to be known as the granddaughter of the Hiltons. I want to be known as Paris. ](ヒルトンの孫娘ではなくパリスとして知られたい)というものもあります。

女優や歌手、実業家としても活躍し、近年DJとしても賞を受賞したパリス・ヒルトン。

Paris (U.S. Standard Version)
Paris (U.S. Standard Version)

常識はずれのお騒がせ娘とする意見と、それらはすべて計算ずくだと彼女のマーケティング・プロモーションセンスに舌を巻く意見の2つがありますが、パリス・ヒルトンにとっては「Whatever if it’s hot」かも?

タイトルとURLをコピーしました