【人生】『ジョーブラックをよろしく』の英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、ブラッド・ピット主演の恋愛ファンタジー映画『ジョーブラックをよろしく』の格言をご紹介

『ジョーブラックをよろしく』の「人生」の格言
『ジョーブラックをよろしく』の「人生」の格言

“It’s hard to let go, isn’t it? Well, that’s life.” -Meet Joe Black

別れは辛いだろう?それが生きるということだ。

『ジョーブラックをよろしく』(1998公開)

【本日の格言解説】

「ジョーブラックによろしく」ラストシーンより。

ジョー・ブラックをよろしく (字幕版)
ジョー・ブラックをよろしく (字幕版)

アンソニー・ホプキンス演じる大富豪ウィリアムを迎えにきた、「生きてみたい」と人の世界に興味津々のブラッド・ピット演じる死神は、期間限定で人間になることに。

そしてウィリアムの娘と恋におちた死神は、彼女も死の世界に連れて行こうとします。しかし死神はある日愛の本当の意味を知り、彼女を残して死の世界に戻ることを決意。

愛する人・つかの間の人生との別れに涙を流す死神に、ウィリアムがかけた言葉が今日の名言。

ピーナッツバターを食べながら、見返りを求めない難しさと辛さについて熟考してみる夜も、悪くないかも知れません。

3時間と長い上にテンポも早くない映画ですが、一度ごらんになってはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました