気温【40度】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

9月になったにも関わらず、新潟県で観測史上初の9月に最高気温40度越えが記録された事がニュースになりましたが、【40度】を英語で正しく言えますか?

記録的な暑さの気温【40度】は英語で何て言う?
記録的な暑さの気温【40度】は英語で何て言う?

「40度」は英語で【forty degrees】

よく間違えがちなのが[forty degree]と、単位の[degree]を単数形の英語で書いてしまう事。

「40」の部分が複数なので、単位の[degree]も複数形になることに注意しましょう。

「気温は何度ですか?」と聞きたいときは[What’s the temperature?]、「いま40℃です。」は[It’s forty degrees now.]となります。

また、このような気温のニュースの英文で使われる面白い表現として覚えておきたいのが[mercury]です。

単語単体の意味としては「水銀」を意味する英語ですが、[The mercury hit a 40 degrees.]なんて言うと「気温が40度に到達」という意味になります。

最近はあまり見かけなくなりましたが、温度を測る時に使う水銀温度計の「水銀」を「気温」の比喩として使っているわけですね。

英語で「気温」を意味する[temperature]はスペルが長い為、新聞やニュースの見出しなどでは[mercury]が使われる事も多いので覚えておきましょう。

ちなみに、 「バカみたいに暑い」は[It’s ridiculously hot.]、「焼けるように暑い」は[It’s burning hot.] などと表現できますよ。

合わせて、暑い日は日焼けなどに気を付けたい【素肌は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました