【ペットボトル】は英語で通じる?通じない?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

外出時の水分補給に持ち歩く人も多く、コンビニやスーパーなどでも手軽に買う事が出来る飲み物の容器【ペットボトル】は英語で通じる?通じない?

飲み物を入れる【ペットボトル】は英語で通じる?通じない?
飲み物を入れる【ペットボトル】は英語で通じる?通じない?

「ペットボトル」は英語で【通じない】

「ペットボトル」なんて、あたかも英語で言いそうな表現ですが、残念ながらペットボトルは和製英語で、英語では通じません。

「ペットボトル」は英語で[plastic bottle(プラスチックボトル)]が正しい表現です。

スポンサーリンク

日本語で「ペットボトル」と言われている由来は、ボトルの素材となっている樹脂「PET」を「ペット」と呼んでいるわけですが、そもそもこの「PET」は「ポリエチレンテレフタレート:PolyEthyleneTerephthalate」を略した言葉です。

英語でもこの素材の事を[PET]と略しますが、英語では普通「ピーイーティー」と発音するので、そもそも「ペット」という発音が使われないんですね。

日本ではほとんど見かけませんが、海外のペットボトルの中には、飲み口の部分が部活のスポーツドリンクを飲むボトルのようにボコっと引き上げて飲むタイプや、キャップを指で跳ね上げて開けるタイプなど様々な飲み口があるので、気になる方は現地のスーパーの飲み物コーナーで探してみて下さい。(リンクはamazonで販売されているそれぞれの飲み口タイプの付け替え商品)

こぼれないキャップ CapStar 1個 ペットボトル キャップ(ホワイト) もれない Cap☆Star
ペットボトル専用キャップ「Cap☆Star」です。 ジップパック入りで、携帯時のケースになります。郵送でお届けします。 ペットボトルが倒れても、逆さまにしても中身がこぼれません。 フタを回して開ける手間もなくなります。 使い方は、あなた次第です。“こぼれたら困る”様々なシーンで活躍します。 ストロー不要の便利グッズ。 ...

合わせて、ペットボトルより環境を意識した【水筒は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました