【縄張り(ナワバリ)】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

動物が自分や自分たちの群れで占領・占有する場所の事で、その場所を争って激しい戦いが繰り広げられる事もある【縄張り(ナワバリ)】は英語で何て言う?

動物たちの【縄張り(ナワバリ)】は英語で何て言う?
動物たちの【縄張り(ナワバリ)】は英語で何て言う?

「縄張り」は英語で【territory】

動物の「縄張り」は英語で「テリトリー:territory」という単語で表現するんですね。

動物の中で縄張りを主張するのはあくまでも一部の動物だそうですが、巣であるねぐらの縄張りや、餌をとる餌場の縄張りなど、一口に「縄張り」と言っても様々なタイプ別に分かれるそうです。

そのような縄張りを示すために、犬などの動物が行う事でも知られている「マーキング」は英語で[scent marking](直訳で匂いのマーキング)と言われます。

なんと、ワシの一種であるイヌワシなどは9000ヘクタール((東京ドーム1900個分以上)の縄張りを持つとされているなど、縄張りの広さや形などは動物やその環境によって様々だそうです。

ちなみに、ヤクザやギャングなどが支配するエリアの「ナワバリ」という意味では[turf]という英語を使う事が多く、人気ゲーム『Splatoon:スプラトゥーン』の「ナワバリバトル」は英語で[turf war]なんて表現が使われていますよ。

合わせて、動物の英語【ナマケモノは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました