【人間】ジョン・スチュアート・ミルの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、哲学者、ジョン・スチュアート・ミルの格言をご紹介

ジョン・スチュアート・ミルの「人間」の格言
ジョン・スチュアート・ミルの「人間」の格言

“The worth of the state, in the long run, is the worth of the individuals composing it.” –John Stuart Mill

国家の価値は結局、それを構成する個人個人のそれである。

ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873)

【本日の格言解説】

in the long run: 長期的には、結局は

今回ご紹介するこのジョン・スチュアート・ミルは、ロンドンに生まれて、小さい頃からの父親の熱心な英才教育によって、3歳で英語の他にギリシャ語のアルファベットや単語も覚えてしまい、8歳になるまでには多くの書物を読み、プラトンまでも理解したとか!

彼の場合、ただただ記憶力に頼って知識を詰め込むのではなく、自分自身で考え自分の言葉で語る為に、ことあるごとに父親に「それはどういう意味か?なぜそう思うのか?」などとつっこまれて、自分で考える力を育てられたそう。

彼は53歳の時(1859)に、「自由論」という、自由とは何かというテーマについて論じた、今では自由主義を語る上では欠かせない著書を発表し、世界に大きな影響を与えました。また、女性解放運動の原点ともされる「女性の解放」という本も著しています。

自由論 (岩波文庫)
「本人の意向に反して権力を行使しても正当でありうるのは、他の人々への危害を防止するという目的での権力行使だけである」。大衆の画一的な世論やエリートの専制によって個人が圧殺される事態を憂慮したJ・S・ミル(一八〇六―一八七三)は、自由に対する干渉を限界づける原理を提示した。自由について考える際の最重要文献の明快な翻訳。
女性の解放 (岩波文庫 白 116-7)
女性の解放 (岩波文庫 白 116-7)

さて、このように脳みそが柔らかく、物事を先入観なくしてみることが出来たミルの名言、いかがでしょうか?

国というのは、国民によって成り立つもの、その1人1人の価値によってその国の価値も変わるということなんですね。

私たち1人1人も、日本の価値を上げる為に頑張っていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました