【バックヤード】は英語で通じる?通じない?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

店舗などで、在庫置き場や調理場などの厨房を意味する【バックヤード】は英語で通じる?通じない和製英語?

【バックヤード】は英語で通じる?通じない和製英語?
【バックヤード】は英語で通じる?通じない和製英語?

「バックヤード」は英語で【通じない】

店舗の在庫や材料などを保管したり、飲食店の調理場など、一般のお客さんに見せる事の無い店舗スペースを意味する「バックヤード」は英語では通じない和製英語です。

「バックヤード:backyard」と言うと、家の「裏庭」という意味になってしまうんですね。

スポンサーリンク

バックヤードは英語で[backroom]などと表現するのが良いでしょう。

例文として、「バックヤードからTシャツを取ってきてくれる?」は英語で[Can you pick up some T-shirts from backroom?]などと表現出来ますよ。

英語では、まとめて「バックヤード」と表現せずに「倉庫:stockroom」、「事務所:office」や「厨房:kitchen」などの具体的な部屋の用途で言い表す事も多いですね。

ちなみに、本来のバックヤードの意味である「裏庭」という意味で使うのであれば「私たちの子供たちが裏庭で遊んでいます。:Our children are playing in the backyard.」などと表現してみましょう。

合わせて、多くの店が集まった【商店街は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました