中国のクリスマスでプレゼントされたのは…まさかの果物!?【中国クセつよ留学生活(12)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
中国のクリスマスでプレゼントされたのは…まさかの果物!?
中国のクリスマスでプレゼントされたのは…まさかの果物!?【中国クセつよ留学生活vol.12】

<中国のクリスマスでプレゼントされたのは…まさかの果物!?>中国のはしっこでクセつよ留学生活4コマ漫画[#12]

国が変われば、祝日やイベントの風習も変わります。さて、今回は一風変わった中国のクリスマスについてご紹介します。

中国のクリスマスでプレゼントされたのは…まさかの果物!?1
中国のクリスマスでプレゼントされたのは…まさかの果物!?2
中国のクリスマスでプレゼントされたのは…まさかの果物!?3
中国のクリスマスでプレゼントされたのは…まさかの果物!?4

日本ではクリスマスといえばもはや国民行事ですね。
恋人同士ならロマンチックなデートを楽しみ、ファミリーや友人同士ならパーティで盛り上がるのが定番。

一方、中国のクリスマスはびっくりするぐらい盛り上がりません。

スポンサーリンク

最近の北京や上海はどうか分かりませんが、少なくとも当時の雲南ではクリスマスはさほど特別な日ではなく、普段と変わらない一日でした。

私が過ごしていた生活圏内では、街は装飾もお祝いムードも一切なく、当日もクリスマスであることを忘れてしまうほど。

学生も期末テストが近づいているのでそれどころではありません。

そんな味気ない中国のクリスマスですが、実はあるモノを贈り合うことで有名なんです。

それは、りんご。

スポンサーリンク

りんごは中国語でping guoと発音するのですが、クリスマスイブであるping an yeと”ping”の発音が同じであるため、クリスマスに贈る果物として定着しました。

クリスマスが近づくとリボンや包装でデコレーションされたりんごがお店に並びます。

平常時のりんごより値段は跳ね上がりますが、されどりんご、数百円で済むので超安あがりです。

私はイベントが苦手なので、このようなささやかな過ごし方は性に合っていました。

ルームメイトとりんごを食べながらテスト勉強していたのを思い出します。

次回は、お正月の様子についてお伝えします。

今回の記事で気になる中国のクリスマスですが、日本のクリスマスではお馴染み【イルミネーション】は英語で通じる?通じない?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました