日本ではありえない?中国の元旦に気が付いた重大事実【中国クセつよ留学生活(13)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本ではありえない?中国の元旦に気が付いた重大事実
日本ではありえない?中国の元旦に気が付いた重大事実【中国クセつよ留学生活vol.13】

<日本ではありえない?中国の元旦に気が付いた重大事実>中国のはしっこでクセつよ留学生活4コマ漫画[#13]

中国のお正月といえば1月1日ではなく、1月末~2月頭の旧正月「春節」であることは有名ですね。
では世界的なお正月である1月1日は中国人はどのように過ごしているのでしょうか。

日本ではありえない?中国の元旦に気が付いた重大事実1
日本ではありえない?中国の元旦に気が付いた重大事実2
日本ではありえない?中国の元旦に気が付いた重大事実3
日本ではありえない?中国の元旦に気が付いた重大事実4

答えは、特に何もしません。

中国でも1月1日は一応祝日で、学校も会社も休みです。(1月3日まで休みの場合も多く、曜日や地域による)

スポンサーリンク

しかし新年ムードは一切なく、まるで日曜日のような、普段と変わらない休日のようです。
誰が何と言おうが、春節こそが中国のお正月なんです。

それどころか、1月1~3日は学生はテスト前、会社員はボーナス支給前で盛り上がるどころか気分と財布は冷え込む一方。(中国では一般的に春節前にボーナスが支給される)

クリスマスから年末年始にかけては、世界のお祝いムードとは裏腹に粛々と過ごす日々なんですね。

では当時私は何をしていたかというと、1月1日は旅行中でした。(ほんとは1月4日から学期末テストだったんですが…ばっくれました。)

スポンサーリンク

年末から中国国内を旅行していた為日付の感覚も鈍っており、いざ新年を迎えても全く気付かず、元旦の夜になってようやく年が明けたことを知ったのです。

というのも、観光地もスーパーも飲食店も普段通り営業しているんですね。

行事やイベントごとが苦手な私にとっては、こうして静かに迎える新年も悪くないなと思った夜でした。

今回の記事で気になる中国のお正月ですが、日本のお正月ではお馴染み【福袋】は英語で何て言う?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました