【ヒイラギ(柊)】は英語で何て言う?クリスマスの飾りに使われる理由もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリスマスの飾りつけとしても定番の【ヒイラギ(柊)】は英語で何て言う?

【ヒイラギ(柊)】は英語で何て言う?
【ヒイラギ(柊)】は英語で何て言う?

「柊(ヒイラギ」は英語で【holly】

ギザギザの尖った葉っぱが特徴で、クリスマスの飾りつけにも使われる植物「ヒイラギ(柊)」は英語で[holly]などと表現します。

「ホーリー」というと「神聖な」という意味の英語を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、「神聖な・聖なる・聖者の」などを意味するホーリーは[holy]でスペルが違うので注意しましょう。

スポンサーリンク

クリスマスと言えば「柊」というイメージがありますが、そもそもクリスマスはイエス・キリストが降誕した事を記念する日とされています。

そのキリストが処刑された際に頭に付けていた「イバラの冠」を柊のギザギザの葉が、張り付けにされて流れ出た「赤い血」を柊の赤い実を表しているとされているんです。

例文として、「ヒイラギはクリスマスの装飾として広く使われています。」は英語で[Holly is widely used in Christmas decoration.]などと表現すればオッケーです。

スポンサーリンク

ちなみに、クリスマスツリーのオーナメント(飾り)に使われる赤いボールは、柊の赤い実が由来とされているという説もあるんですよ。

合わせて、クリスマスの定番【ケンタッキーは英語で通じる?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました