「助けて下さい!」カナダで生徒が泣きついてきた理由【女ひとりカナダ暮らし(4)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「助けて下さい!」カナダで生徒が泣きついてきた理由【女ひとりカナダ暮らしvol.4】

<「助けて下さい!」カナダで生徒が泣きついてきた理由>女ひとりカナダ暮らし[#4]

ある日の放課後のことです。

一人の学生さんが、放課後に泣きそうな顔をしてやってきました。顔を抑えて、何やら深刻な表情です。

スポンサーリンク

聞いたみたら歯がいたいとのこと。

「なーんだ、そんなことか!」と思うかも知れませんが、これ実は結構深刻なんです。

学生さんたちの中では、カナダに来てから、突然歯が悪くなって治療にかからなければならなくなる人が結構いるのですが、実は彼らの一般的な海外旅行保険は歯科治療費をカバーしていません。

ちょっと信じられないかもしれませんが、カナダに住んでる現地カナディアンの国民保険でさえも、歯の治療に関しては適用がなく全額自己負担なんです。

スポンサーリンク

そして、歯の治療をしてみてびっくり!これが、日本では考えられない程高額な金額になります。

大体イメージとしては、見てもらうだけでも数百ドル(数万円)、レントゲンや虫歯治療などが入ってくると軽く5万円は超えてしまいます…。

現地に住んでいる方は、会社で別途加入する保険を利用したり、個人的に歯の保険に入ることは出来ますが、留学生ではちょっと難しいのが現実。

そもそも金銭的に大きな余裕の無い留学生にとっては、歯の治療は死活問題なんです。

スポンサーリンク

ちなみにこの学生さんの場合は、日本帰国間近ということもあり、いったん簡易治療で金額を抑えて日本で本格的な治療をする事になりました。

時には歯の治療の為にわざわざ日本に一時帰国される人も居るほど。

もし、これからカナダに来る事をお考えであれば、こちらに来られる前に国民保険の効く日本で歯をしっかり治してから来られる事を心からお薦めします…!

さて次回は、カナダの冬のおすすめの部屋着をご紹介します!

今回の記事で気になる「歯痛」ですが、【歯が染みる】は英語で何て言う?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました