【いい加減にして】は英語で何て言う?「もう勘弁して」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

不愉快な言動に対して言いたい【いい加減にして】は英語で何て言う?

イライラした時の【いい加減にして】は英語で何て言う?
イライラした時の【いい加減にして】は英語で何て言う?

「いい加減にして!」は英語で【That’s enough!】

あまりにも不愉快な言動を繰り返す人に対して言いたい「いい加減にして!」は英語で[That’s enough!]などと表現します。

ここで使われている[enough]は「十分な」という意味なので、直訳すると「もう十分です。」という意味になります。

スポンサーリンク

当然、そのまま断りの文句として使う事も出来ますが、今回ご紹介したように怒った時の「いい加減にして!」というニュアンスでも使う事が出来ます。

もっと怒りを前面に出したければ[Enough!]とだけ言っても良いでしょう。

また、あまりにもネガティブな報告や話をたくさんもらった時に「わかったわかった!もうたくさんだ!」なんて英語で言いたければ[Okay, Okay! That’s enough!]なんて言えばオッケーです。

スポンサーリンク

他にも「いい加減にして」の英語として、「もう勘弁してくれ」というニュアンスで[Give me a break.]なんて言っても良いですよ。

合わせて、長続きしない【三日坊主は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました