ミャンマー出身の友人を激怒させるタブーとは?【中国クセつよ留学生活(20)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミャンマー出身の友人を激怒させるタブーとは?【中国クセつよ留学生活vol.20】

<ミャンマー出身の友人を激怒させるタブーとは?>中国のはしっこでクセつよ留学生活4コマ漫画[#20]

ルームメイトとは留学生活で一緒に過ごす時間が一番長い友人でしょう。
私の場合、良きルームメイト2人(+居座っている1人)に恵まれて、楽しい寮生活を過ごせました。

実は彼女たち3人はミャンマーから来たジンポー族という少数民族です。

スポンサーリンク

その中でも特にヌラという19歳の少女と親しくなりました。

スポンサーリンク

ヌラは快活な性格でムードメーカー、そして茶目っ気のあるかわいい女の子です。

そんな陽気な彼女ですが、唯一怒らせてしまうワードがあります。

それは彼女たちを「ミャンマー人」と呼んでしまうこと。

私が「こういう場合日本人は〇〇するけど、ミャンマー人はどうなの?」といった具合に話すと決まって、「私たちはミャンマー人ではない!!」と激昂します。

スポンサーリンク

当時、私にとってはミャンマー人=国籍がミャンマーの人全て、と思っていたのですが、彼女たちにとってはミャンマー人=ビルマ族のことであり、自分たちはミャンマー人ではないと言うんですね。
※ミャンマーの民族構成はビルマ族が7割、134ある少数民族が3割

しかもジンポー族であるヌラはビルマ族に対してあまり良い感情を抱いていないようで、「ミャンマー人」としてビルマ族とひとくくりにされることを嫌がるんです。

ほぼ単一民族国家である日本人の私からしたら考えが及ばないことで、説明されて頭では理解していても何度か言い間違えてしまい、その度にヌラを怒らせてしまっていました。

このような問題はその人のアイデンティティに関わることなので、本当に気を付けないといけないですね。

スポンサーリンク

共に生活をするルームメイトとは、お互いのバックグラウンドをよく理解し合い、その人の尊厳には十分配慮すべきであると学んだ出来事でした。

今回の記事で気になる民族などの問題ですが、人によって意見や考え方も違うことを表す【十人十色】は英語で何て言う?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました