「実は苦手…」散々食べた中国のソウルフード【中国クセつよ留学生活(22)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「実は苦手…」散々食べた中国のソウルフード【中国クセつよ留学生活vol.22】

<「実は苦手…」散々食べた中国のソウルフード>中国のはしっこでクセつよ留学生活4コマ漫画[#22]

海外に来たからにはその土地の名物を味わいたいですよね。
国土の広い中国ですから、ひとくちに中華料理と言っても地域によって特色が違います。

雲南省は激辛料理で有名な四川省の真下に位置しますが、実は意外にも淡泊な料理が多いんです。

スポンサーリンク

東南アジアと国境を接しているため南国の要素も混ざっており、露店には亜熱帯地域の果物が色とりどりに並んでいます。

スポンサーリンク

また、雲南には様々な少数民族が暮らしているので、それぞれの民族料理も充実しています。

そんな雲南料理の代表格といえば、ミーシェン(米線)。

雲南は稲作が盛んな地域で、ミーシェンはそのお米で作ったライスヌードルです。
見た目はそうめんより少し太いぐらいのツルツルした白い麺です。

スープのバリエーションはいろいろとあるのですが、ベーシックなのは鶏ダシのあっさりしたもの。

スポンサーリンク

現地人も留学生もこのミーシェンが大好きで、いたるところにミーシェン店があり、食事や夜食として気軽に食べていました。

食感がとても軽く、米でできているにもかかわらずお腹にたまりにくいんですね。

ただ私は…実はそんなに好きではありませんでした。
麺はつるりとしているためスープと絡みにくく、口に含むとプツンと切れ、そうめんやうどんと違って歯ごたえも物足りなく感じた為です。

一方、同じ日本人留学生のモモちゃんはミーシェンが大好物でした。

スポンサーリンク

日本人でも好みが分かれるのでしょうか…
日本にもミーシェンを提供しているお店がいくつかあるので、もし機会があれば一度ご賞味あれ。

次回はまたまた水回りの話題!留学中の「洗濯事情」についてお教えします!

今回の記事で気になる麺類ですが、日本では定番の【そうめん】は英語で何て言う?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました