【ワンコイン】は英語で通じる?通じない?「ワンコインランチ」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

硬貨1枚の値段で売られている【ワンコイン】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ワンコイン】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ワンコイン】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ワンコイン」は英語で【通じない】

お店で売られているランチやお弁当などの商品が500円硬貨1枚で売られている事を意味する「ワンコイン」は英語では通じない和製英語です。

「コインが1枚」という意味であれば確かに「ワンコイン:one coin」なのですが、英語ではコイン1枚の料金で買える商品を形容する表現としては使わないんですね。

スポンサーリンク

500円で買える商品などを意味する「ワンコイン」は英語で[500-yen]などと表現しましょう。

例文として、「このお店はワンコインランチをやっている。」は英語で[This restaurant has a 500-yen lunch menu.]などと言えばオッケーです。

そもそも、日本で一番価値の高い硬貨として500円硬貨が存在しますが、アメリカの最大額面硬貨は25セント(約30円)、イギリス・カナダ・ヨーロッパ(ユーロ)などでも2ポンド(2ドル・2ユーロ)が最大額面になるので、あまり「ワンコイン」という概念が無いのも納得出来ますね。

スポンサーリンク

一方で、ファーストフードなどで1ドル均一のメニューが提供されている場合もあり、そのような1ドルメニューは[dollar meal]や[dollar menu]などと呼ばれていますよ。

合わせて、全ての商品が100円の【100円ショップは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました