フランスの空港でハマったまさかの罠【ドイツで女子大生してました(14)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フランスの空港でハマったまさかの罠【ドイツで女子大生してましたvol.14】

<フランスの空港でハマったまさかの罠>ドイツで女子大生してました[#14]

海外ハプニング第1弾は、私がドイツに旅立つ時に起きたお話です。

私はドイツへ向かう際、日本からフランスを経由して、ハンブルクの空港を目指しました。
その事件が起きたのは、フランスでの乗り換えのときです。

スポンサーリンク

私は予定時刻よりも少し早くフランスに到着したので、次の搭乗口を確認してから、その付近でのんびりコーヒーを飲んでいました。

搭乗時刻になり、フランス語で「搭乗開始となりました〜、手続きをしてください。」のようなアナウンスが聞こえてきたので、そろそろ行くか〜と思い搭乗口に向かいました。

するとキャビンアテンダントの方が「あんた、ここはドイツ行きの飛行機じゃないわよ?」と私に言うんです。

「え?でもハンブルク行き、B60搭乗口って書いてあるよ?」と航空券を見せると、「あー、さっき変更になったのよ、正しいのはD60搭乗口よ。」と教えてくれました。

スポンサーリンク

どうやら変更のアナウンスを聞き逃してしまっていたようなのです。
それもそのはず!だってアナウンスは聞き馴染みのないフランス語なのですから!

なんて文句を言っても仕方ありません。デッドタイム(搭乗終了時刻)まであと15分!!

走ります!!!!!

そこから空港内を全力疾走!
異国の地であんなに必死に走ったのは、後にも先にもその一度きりだと自信を持って断言できます(笑)。

なんとか時間内にD60搭乗口に辿り着きましたが、その時の疲労感といったら…

スポンサーリンク

ドイツへ向かう飛行機の中で私は一連の出来事を振り返っていました。

「私がフランス語を未修得だったのが悪かったのか?ドイツ留学前に、フランス語を習得する必要があったのかもしれない・・・。」と。

このように海外では、いつ・なにが起きるか想像できません。
言葉のわからない国の乗り継ぎ空港では、必ず行き先表示されているモニターや案内板などを定期的にチェックしましょう。

次回は海外ハプニング第2弾、ドイツの自由すぎる電車のお話です!

今回の記事で気になる全力疾走ですが、走ると痛くなる【脇腹】は英語で何て言う?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました