カナダ留学した女子の理想と現実【女ひとりカナダ暮らし(10)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カナダ留学した女子の理想と現実【女ひとりカナダ暮らしvol.10】

<カナダ留学した女子の理想と現実>女ひとりカナダ暮らし[#10]

カナダは少しずつ春の陽気に近づいてきた今日この頃です。

さてさて、この陽気とはうらはらに、ちょっと暗い表情でオフィスにきたのはカナダ留学3ヶ月目の日本人の学生さんです。

スポンサーリンク

相談事があるというので、何事かと話を聞いてみれば、「英語が伸びない」と悩んでいるようです。

なんとなく不満そうな彼女に「明日、もう一度ゆっくり話をしましょう。」と、その日はお家に帰し、彼女を受け持っている先生達にクラスでの様子を聞いてみました。

担当する4人の先生の意見は大体同じで、彼女はクラスでの態度も非常に受け身で、先生から質問をふっても下を向いてしまったりする事が多いんだとか。

彼女の初日のレベルテストの結果を見返すと、日本で勉強をしてきたようには見えず、3ヶ月後の今もあんまり学力が伸びている形跡はありません。

次の日に彼女とひざを突き合わせて、お話をすることになりました。

スポンサーリンク

まず彼女が不満に思っているのは、彼女本人の英語力が伸びてないこと。
それに対して、何が理由なのかを解明して、学校が改善できることは改善していかなければいけません。

私は一つ一つ質問していきました。
それは、先生に問題があると思いますか?
それは、クラスメートに問題があると思いますか?
それは、教材に問題があると思いますか?
それは、勉強しているクラスのレベルに問題があると思いますか?

彼女は、どの質問にも答えが見つけられませんでした。

そうです。彼女自身が「学ぼう」という姿勢がないのが、一番の問題なんです。

スポンサーリンク

自分で様々な事に疑問を持って、心と体をフルに使って学んでいかないと、受け身では時間だけがすぎていくばかり。

はっきり言います。「英語圏で生活すれば自然に英語は伸びる」という幻想的なイメージは間違いです。

私はカナダで色んな国から来た多くの留学生を見てきましたが、「英語力を伸ばしたい」と思う人は多くても、「行動と熱意をもって実行する人」はそんなに多くはありません。

英語を勉強されている皆さんはどうですか?

これを読んでドキッとした人は、まだ間に合いますので、ぜひ能動的に英語を学んでくださいね。

今回の記事で気になる語学力ですが、語学力を含めた【スキルアップ】は英語で通じる?通じない?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました