海外で騙された!車に乗ってしまった私の運命は…【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル(7)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外で騙された!車に乗ってしまった私は…【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブルvol.7】

<海外で騙された!車に乗ってしまった私は…>漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル 4コマ漫画[#7]

今回は車に関する体験談です。
他のトラブルにも通じる教訓があるので、事例と対策を学んでいってくださいね。

スポンサーリンク

事例

スポンサーリンク

海外旅行中、Eちゃんはとあるゲストハウスに宿泊。
翌朝チェックアウトのとき、宿の主人に今日はこれからどこへ行くのか?と尋ねられます。

D地区に行くとEちゃんが答えると、宿の主人は「今日はD地区行きのバスは運行していない」と言うのです。

さらに「車でD地区まで送ろうか?」と言うので、どうしてもその日中に移動したかったEちゃんは、泣く泣くバス代の6倍の料金を渡して乗せてもらいました

ところが道中、EちゃんはD地区行のバスを発見します!

騙されたと気づいてももう後の祭り… 彼の車中にいる間は何も言えませんでした…

なぜトラブルに遭ったのか?

スポンサーリンク

「今日は〇〇行きのバスは運行していない」と言われ、確かめもせずに相手の言葉を鵜呑みにしてしまったのが致命的でしたね。

自分の金づるとするため、嘘をついて旅行者の目的を妨げ、自分の思惑に導く手口は他にもあります。

例えば、タクシー運転手が、旅行者の行きたい観光地は今日は休みだと告げ、別の目的地に連れて行く。そこにあるお店に連れて行くと運転手はマージンをもらえる仕組みなどがあるんです。

教訓

スポンサーリンク

「今日そのバス・電車は運行していない」
「その観光施設は今日は休業日」
「そのホテルは今日は満室」

海外の見知らぬ人からこのようなことを言われたら、相手の言葉を鵜呑みにせず、まずは自分でも確かめましょう

近いなら直接出向いて確認してもいいですし、その辺に歩いている現地人をつかまえて尋ねてみてもいいでしょう。

ひとまず声をかけてきた人からは一旦離れた方が賢明ですね。

angtian(アンティエン)さんの留学4コマ漫画、中国への留学先選びで犯した痛恨のミスとは?【中国クセつよ留学生活(1)】もチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました