私だけ?カナダで感じる苦手な会話相手…【女ひとりカナダ暮らし(13)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
私だけ?カナダで感じる苦手な会話相手…【女ひとりカナダ暮らしvol.13】

<私だけ?カナダで感じる苦手な会話相手…>女ひとりカナダ暮らし[#13]

私が働いている語学学校が拡張することになり、工事やレイアウトなど様々な内容について外部の人と話すことが多くなりました。

カナダなので当然、そのやりとりは英語です。

スポンサーリンク

私にとっても英語は第二外国語。
もちろん日常で使う英語に関しては全く問題ありませんが、日本語でも難しい内容を英語でやるとなると、神経も磨り減る毎日です。

そんな中で変な事に気づきました。

それは、ネイティブスピーカーと話をしていても、相手によってかなり私の英語のスムーズさが違うということです。

英語が割とスムーズに出てくるのは、相手がチャイーニーズカナディアンなどのオリエンタルの女性の場合。

スポンサーリンク

それに比べてうまく会話が進まない傾向があるのは、白人女性。

もちろん見た目による心理的なプレッシャーも大きいと思うのですが、他にも話のもっていきかたが違う感じがするのです。

何語で話していたとしても、普通はある程度会話の流れを意識して話したり聞いたりしていますよね。

でも白人女性たちと話している時に「この流れだと次はこんな話かな…」と思って油断していると、気がついた時には全然違う話になっていて、ついていけなくなるんです。

もちろん、同じ人種でもその人のバックグラウンドによって違うのですが、白人女性との会話でズレを感じる事が多いと私は感じてしまいます。

スポンサーリンク

「ネイティブみたいに英語を話したい!」と一言で言っても、訛り・人種・周辺環境などいろいろ違いがあります。

私のように、一つの環境で英語が通じて油断していると慌てる羽目になるので、日々の勉強は欠かせないということですね。

さて次回は、英語の電話対応についてのお話です。

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事で気になる会話の問題ですが、英語以外にも起こり得ます。やっと判明!中国の学生と会話が通じない驚きの理由も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました