引っ越し希望の日本人留学生がカナダで号泣【女ひとりカナダ暮らし(15)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
引っ越し希望の日本人留学生がカナダで号泣【女ひとりカナダ暮らしvol.15】

<引っ越し希望の日本人留学生がカナダで号泣>女ひとりカナダ暮らし[#15]

今回は、カナダの家捜し事情について。
日本人などが留学にやってくる春の時期は、探す人も引き継ぐ人も多くてごちゃ混ぜ状態になります。

スポンサーリンク

みんな英語環境を望んでるし、やっぱり人気はダウンタウンと呼ばれる街の中心部。

こちらに長く住んでる人でさえ、時間の許す限りバンバン直接連絡して、ガシガシ内覧して即契約していくような状況です。

いい住みかをダウンタウンで手に入れるのは、まさにサバイバルなのです。

さて、今回相談にやってきたのは、まだカナダに来たばかりの学生さん。
彼女はホームステイを4週間日本から申し込んできました。

スポンサーリンク

その後の家捜しをしたいけれども、どういう風に手をつけたらいいかわからず、とうとう泣き出してしまいました。

しかも、ホームステイの延長もお金が高いから嫌で、次に住むところも1ヶ月以上の契約はしたくないという厳しい条件付き。

英語がまだまだできない彼女は、物件情報も日本語で情報があるものだけしか探す事が出来ず、あとは運だけで探すつもりなんだとか。

スポンサーリンク

それは、泣きたくもなるはず。。。

結局、彼女には周りの学生さんがよく使っているサイトなどを紹介し、しばらくは留学生同士のルームシェアなどで凌いでいくことになりました。

海外にいくにあったって、わからないホームステイに長い間申し込みたくない気持ちもわかります。
できるだけ、予定をオープンにしていきたい気持ちもわかります。

ですが、生活を圧迫するような余裕のない計画はストレスの元となり、勉強等の本来の目的に割ける時間が減る事も意味します。

スポンサーリンク

特に「家」という住むところがないのは辛いので、英語力とサバイバル能力に自信のない人は、余裕をもって予定を組みましょう。

最近では、一時的にであれば便利に使える民泊サイトなど様々なWEBサービスがあるので、現地で人気のあるものを事前に調べておくと安心ですね。

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事で気になる家探しですが、日本での賃貸の定番【ワンルーム】は英語で通じる?通じない?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました