「このままだとヤバい!」入国審査で緊張の理由【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル(15)】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「このままだとヤバい!」入国審査の壁
「このままだとヤバい!」入国審査で緊張の理由【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブルvol.15】

<「このままだとヤバい!」入国審査で緊張の理由>漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル 4コマ漫画[#15]

乗り継ぎで一番不安なことは、「乗り継ぎ便に間に合わなかったらどうしよう」ではないでしょうか。

今回は乗り継ぎ便に乗り遅れそうor乗り遅れた場合について、予防策と対応をみていきましょう。

スポンサーリンク

①出発便が遅延した場合

スポンサーリンク

まず出発便と乗り継ぎ便を同一航空会社で予約しスルーチェックインを済ませていた場合(前回記事参照)、乗り継ぎ地では大概スタッフが待ち構えてくれています。
スタッフの指示に従い、乗り継ぎ便目指して猛ダッシュするか、振り替え便を手配してもらうかしましょう。

問題は出発便と乗り継ぎ便を別の航空会社で予約していたケース。

この場合は自分から行動を起こしていく必要があります。
乗り継ぎ地に着いたらまずは誰でもいいから空港スタッフをつかまえて事情を説明しましょう。

必要であればカスタマーデスクに行き、乗り遅れた場合は補償や振り替え便について対応してもらいたい所ですが、海外の空港では「それは私の担当じゃないわ」なんて冷たい対応をするスタッフもいるので、粘り強く主張しましょう。

スポンサーリンク

ここで重要なのが、前回記事でもお伝えしたMCT(最低乗り継ぎ時間)を守ることです。
これを守っていなければ交渉できませんので、チケット予約時は必ずMCTを守りましょう。

■対策
・なるべく同一航空会社で出発便と乗り継ぎ便を予約する
・乗り継ぎをする空港のMCT(最低乗り継ぎ時間)を必ず守る

②入国審査が激混みだった場合

スポンサーリンク

MCTを守っていても出発便に遅延がなくても乗り継ぎ便に遅れるケースがあります。
それが入国審査に時間がかかってしまう場合。

乗り継ぎ地と目的地が同一国である、またはアメリカを経由する場合は乗り継ぎ地で入国審査を行います(前回記事参照)。

ところが入国審査場が混雑していると予想外に時間がかかってしまいます。

これが原因で乗り遅れた場合も、出発便遅延のケースと同様に航空会社のカウンターで今後について交渉しましょう。

■対策
・空港スタッフに声をかけて入国審査を優先させてもらう(ダメ元でも交渉・一度断られても再度挑戦)
・乗り継ぎ地空港で入国審査がある場合は、MCT(最低乗り継ぎ時間)より1時間多めに乗り継ぎ便を手配する

以上、前回記事と併せて読んで乗り継ぎへの不安を払拭できたでしょうか?乗り継ぎにはくれぐれも余裕を持ってくださいね。

1話から見たい方はコチラから

angtian(アンティエン)さんの留学4コマ漫画、中国への留学先選びで犯した痛恨のミスとは?【中国クセつよ留学生活(1)】もチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました