日本人留学生が苦労するカナダでのお仕事【女ひとりカナダ暮らし(23)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本人留学生が苦労するカナダでのお仕事
日本人留学生が苦労するカナダでのお仕事【女ひとりカナダ暮らしvol.23】

<日本人留学生が苦労するカナダでのお仕事>女ひとりカナダ暮らし[#23]

今日は、カナダのお仕事事情をお話したいと思います。

ワーキングホリデーの学生さんがいっせいに入国する時期と、語学学校での勉強をひと段落させて就職活動をはじめる時期は、実は結構被りがちなのです。

スポンサーリンク

それだけでもかなり忙しいのですが、ある年、多数の学生さんが「カフェで働きたい」と希望を出してきました。

しかし、都心部の周辺のカフェは、インターンシップと言う面目でボランティアしている日本人のスタッフがすでにたくさんいる状態。

街の中心部(いわゆるダウンタウン)でカフェの仕事を探すには、かなり過酷な実情でした。

「それでも、カフェで!」ってうちのカワイイ学生さん達が言うのならば。。。と選択肢を増やすのも私の仕事です。

スポンサーリンク

実は、バスや電車などの公共交通機関を使って20分ぐらい郊外の方へ行くと、カフェも割と人手不足なのです。

しかも、日本人も少ないので完璧な英語環境!

そして、当語学学校の卒業生の皆さんは、履歴書を片手に郊外へ出かけていきました。

ストリートの端から端まで、歩兵部隊のようにして、履歴書を配っていきます。

スポンサーリンク

しかし、英語での面接は予想以上に大変で、皆さんたくさん練習していきますが、やはり苦戦する人も多くいます。

逆に英語はわかっているのに、緊張して頭が真っ白になる人も。。。

こう聞くと恐ろしくなるかもしれませんが、ワーキングホリデーで渡航を考えているみなさん、心配は無用。必ず仕事はみつかります。

スポンサーリンク

ただし、履歴書100枚送るつもりで、がんばりましょう。

だって、今までの学生さんたち、みんなそうして最終的に仕事を見つけて働いてましたもん!
根性あるのみ!根性は世界共通です!

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事で気になるクリスマスですが、サンタが乗る【ソリは英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました