海外で大量の現金が…その思わぬ落とし穴とは?【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル(19)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<海外で大量の現金が…その思わぬ落とし穴とは?>漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブル 4コマ漫画[#19]

海外で大量の現金が…その思わぬ落とし穴とは?
海外で大量の現金が…その思わぬ落とし穴とは?【漫画で学ぶ!知っとこ海外トラブルvol.19】

前回に引き続き両替の話です。

海外では両替もトラブルが起きやすいシーンのひとつです。両替で損をしないために、今回も体験談から学んでいきましょう。

スポンサーリンク

●事例

スポンサーリンク

Aくんはとある外国の繁華街を散策していました。
買い物資金を調達するため、街の両替所で両替をすることに。

Aくんはガイドブックに、「街の両替所で両替するときは、
・偽札をつかまされる
・手数料をぼられる
・紙幣の数をごまかされる

といったトラブルが起きるので、必ず両替したその場で紙幣を確認しましょう。」と書いてあったことを思い出します。

ところが、1万円札を両替した紙幣の枚数は、なんとウン十枚も。

スポンサーリンク

確認しようにも枚数を正しく数えることすらままならない状況でした。。。

●教訓

国によっては1万円札を両替すると何十枚もの紙幣で返ってくることがあります。

それら全てを数えるのは大変なので、両替はなるべく銀行、空港や格式高いホテルの両替所など信用のおけるところを利用しましょう。

スポンサーリンク

やむを得ず街の両替所を利用する場合は、高額紙幣だけでもしっかり数えるようにしてくださいね。

【豆知識】両替について知っておくべきポイント②

現地の高額紙幣はお店で使えないこともあるので注意しましょう。

例えばタイの紙幣には20バーツから1000バーツ紙幣まで流通していますが、1000バーツ(=約3870円/2022年6月)紙幣は物価にして日本円で1万円以上の価値があります。

スポンサーリンク

つまり屋台などで1000バーツ紙幣を出しても「おつりがない」と言われることが多いんです。

高額紙幣しか持っていない場合は早めに大型スーパーなどで崩すようにしましょう。

以上、両替で気を付けるポイントを紹介しました。損することがないよう気を付けてくださいね。

1話から見たい方はコチラから

angtian(アンティエン)さんの留学4コマ漫画、中国への留学先選びで犯した痛恨のミスとは?【中国クセつよ留学生活(1)】もチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました