「なぜ?」ずぶ濡れで出勤する外国人講師【私、外国人と働いています(2)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「なぜ?」ずぶ濡れで出勤する外国人講師
「なぜ?」ずぶ濡れで出勤する外国人講師【私、外国人と働いています(2)】

<「なぜ?」ずぶ濡れで出勤する外国人講師>私、外国人と働いています(2)

前回に引き続き、私が都内のインターナショナルプリスクールで働いていた時の話をします。

日本人は朝出かける前に天気予報を見て、傘や折り畳み傘を持っていくか確認する人が多いですよね。
特に梅雨なんかはとりあえず毎日傘を持ち歩く人もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

その日も出勤途中から雨が降り始め、私は用意していた傘をさしてスクールに行きました。

傘を差してくる人や駅からタクシーでスクールまで来る人がいる中驚いたのがオーストラリア出身のピンク髪の先生。
なんと全身ずぶ濡れでスクールに来たのです!

私「どうしたの!?傘は?」
先生「いや、持ってない」
私「買わなかったの?」
先生「いや、私普段から傘ささないから」

スポンサーリンク

私は「タオル持ってこようか、寒くない?どうやって乾かそう(ドライヤーはない)」と一人慌てていたのですが、先生は「大丈夫、大丈夫。笑 そのうち乾くから~」と、自分の持っていたタオルで体をふきながら笑って答えていました。

illustration by Akusha

幸い授業が始まるまで時間があったのですが、それでも登校してきた生徒に「なんか濡れてない?」と突っ込まれていました。笑

何を言われても「It’s ok!」と答えていましたが、本人は大丈夫でも私たち日本人側が気になって仕方がなかった出来事です。

スポンサーリンク

そいういえば、アメリカに留学していた時もみんなパーカーのフードを被るだけで傘をさしている人めったにいなかったな~。

外国の方はちょっとの雨は気にならないんですね。笑

次回は、謎のタイミングでブランコに乗るスペイン人をご紹介します!

今回の記事で気になる雨に役立つ【ビニール傘は英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました