【お悔やみ】は英語で何て言う?「お悔やみ申し上げます」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

故人の遺族などへ伝える【お悔やみは】は英語で何て言う?

遺族などへの【お悔やみ】は英語で何て言う?
遺族などへの【お悔やみ】は英語で何て言う?

「お悔やみ」は英語で【condolences】

亡くなった方を悼み、遺族や残された人たちを思いやってかける言葉である「お悔やみ」は英語で[condolences]などと表現します。

ここで使われている[condolence]は「悔やみ・哀悼(の言葉)」という意味があるんですね。

スポンサーリンク

また、基本的にお悔やみを伝える場合は[condolences]という複数形で使われますが、イメージとしては思いやりの言葉は一言ではなく色々かけるから複数形というニュアンスで覚えておくといいでしょう。

例文として「お悔やみ申し上げます。」は英語で[I convey my condolences.]や省略して[My condolences.]などと言えば良いでしょう。

もう少し遺族に寄り添って「心からお悔やみ申し上げます。」と英語で言いたければ[I convey my deepest condolences.]なんて言っても良いですね。

スポンサーリンク

他にも、「お悔やみ」の英語として[sympathies]という単語が使われる事もあり、[condolences]と一緒に[I convey my sincerest sympathies and condolences.]なんて言ってもオッケーです。

ちなみに、お悔やみは残された家族などに向けられる言葉なので、「(残された奥様に対して)ご冥福を心よりお祈り申し上げます。」と英語で言いたければ[We send our deepest condolences to Mrs. ~.]などと言ってみましょう。

合わせて、葬儀の一種である【お通夜は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました