【カニのはさみ】は英語で何て言う?「はさみを振る・カニ爪フライ」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

文房具のハサミではなく【カニのはさみ(カニの爪)】は英語で何て言う?

【カニのはさみ(カニの爪)】は英語で何て言う?
【カニのはさみ(カニの爪)】は英語で何て言う?

「カニのはさみ(カニの爪)」は英語で【claws】

工作などで使う文房具のハサミは英語で[scissors]ですが、エビやカニの足の中で一番大きい「カニのはさみ(カニの爪)」は英語で[claws]などと表現します。

ここで使われている[claw]は「(猫などの鋭く曲がった)かぎ爪・(エビ・カニなどの)はさみ」という意味があるんです。

スポンサーリンク

日本語では、文房具もカニもエビも全部「はさみ」という言葉を使うので、ついつい「シザース:scissors」と言いたくなりますが、英語で[crab scissors]なんて言うとカニやロブスターなどの殻を切る為の細長く曲がったハサミの事になってしまうので注意しましょう。

例文として、「見て!カニがはさみを振ってるよ!」は英語で[Look! Crabs are waving their claws!]などと言えばオッケーです。

また、カニのはさみを油で揚げた「カニ爪フライ」は英語で[deep fried crab claw]などと表現できますよ。

スポンサーリンク

ちなみに、「カニの爪・カニのはさみ」の英語として、もう少し専門的な英語としては[chela](キラァ)という表現もあり、複数形は[chelae]となるので、英語の図鑑などを見る機会があればチェックしてみて下さい。

合わせて、カニと同じくはさみがある【桜エビは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました