お客さま困ります!→海外のマッサージ店でまさかの行動【私、外国人と働いています(11)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お客さま困ります!→海外のマッサージ店でまさかの行動
お客さま困ります!→海外のマッサージ店でまさかの行動【私、外国人と働いています(11)】

<お客さま困ります!→海外のマッサージ店でまさかの行動>私、外国人と働いています(11)

今回は私がオーストラリアのマッサージショップで働いていた時の話です。

私が働いていたお店は、日本でよく見かけるようなちゃんとしたお店ではなく東南アジアや台湾などで見かけるような露店でした。

スポンサーリンク

道路から足つぼマッサージエリアの様子が見え、上半身への施術を行うベッドエリアはそれぞれ簡単なカーテンで仕切りがしてあります。

スタッフも外から見えるところに立っており、「マッサージはいかがですか?」「疲れてませんか?15分マッサージもありますよ」などと頑張って英語で客引きをしていました。笑

マッサージ屋では基本用意された服などに着替えることが多いですが、気軽にすぐ受けられるというのが売りのマッサージ屋さんだったので、基本私服の上に薄い布を掛けて施術を行います。

そんなお店で働いていたある日の事です。

スポンサーリンク

女性のお客様の担当になり、まずは椅子に座って足裏マッサージ、その後ベッドに移動して上半身のマッサージを行おうとした時の事。

いきなりその女性が上に着ていた服を脱ぎ始めたのです!

illustration by Akusha

私はすぐに「あっ、服はそのままで大丈夫!汗 男性スタッフもいるし、外からも見えちゃうかも…」と言ったのですが、女性はそのまま上着を脱ぎ続けます。

スポンサーリンク

「マッサージは服がない方が気持ちいいから!オイルあったらオイルマッサージにして!」と、横に男性スタッフがいるのも気にならないようでした。

逆に私の方が気になってしまい、他の人に見えないようにカーテンの位置を変えたり、終わって着替える時も布で隠してあげるようにしました。笑

男性のお客さんの中にはたまに脱ぐ人がいるのですが、女性で脱いだ人は珍しかったのでビックリしました。

周りの目があまり気にならないのも国民性なんですかね?笑

スポンサーリンク

そんな豪快な性格のオーストラリアも好きになった出来事でした。

次回は、ホテルで遭遇したカナダ人クレーマーのお話をご紹介します。

今回の記事でも気になる、マッサージをすると気持ち良い【頭皮は英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました