【サビ抜き】は英語で何て言う?「わさび抜きのマグロを2貫」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

わさびを抜いたお寿司【サビ抜き】は英語で何て言う?

寿司の【サビ抜き】は英語で何て言う?

「サビ抜き」は英語で【hold the wasabi】

お寿司を握ってもらう際に、辛みのあるわさび(山葵)を抜いて貰う「サビ抜き・わさび抜き」は英語で[hold the wasabi]などと表現します。

「ホールド:hold」と言えば「~を持つ」という意味が浮かびますが、実は[hold the ~]という表現には食べ物を注文する際に「~を入れない・~を抜く」という意味があるんです。

スポンサーリンク

「持つ」のに「抜く」という意味に違和感を感じる人も多いかもしれませんが、イメージとしては「食材を鍋に入れずに保持したままにしておく」と考えるとわかりやすいですね。

例文として、「さび抜きでお願いします。」は英語で[Hold the wasabi, please.]などと言えばオッケーです。

他にも「サビ抜き・わさび抜き」の英語として、文中に使うのであれば[without wasabi]や、シンプルに[no wasabi]と言っても良いでしょう。

スポンサーリンク

例えば「わさび抜きのマグロを2貫ください。」は英語で[Can I have 2 pieces of tuna without wasabi please.]なんて言える訳ですね。

ちなみに、これらの「~抜く・~を入れない」という表現は当然ワサビ以外にも使えるので、ハンバーガーの注文時に「ピクルス抜きでお願いします」と英語で言いたければ[Hold the pickles, please.]や[No pickles, please.]と言えばオッケーです。

合わせて、もう一個欲しい時の【もう一つは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました