【パンの耳】は英語で何て言う?「食パン1斤」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食パンの外側にある【パンの耳】は英語で何て言う?

食パンの【パンの耳】は英語で何て言う?
食パンの【パンの耳】は英語で何て言う?

「パンの耳」は英語で【heel of bread】

食パンの中で、外側にある茶色く焼けた少し硬い部分「パンの耳」は英語で[heel of bread]などと表現します。

日本語では「パンの耳」という言葉を当たり前に使うので、英語でも[ear of bread]なんて言いたくなりますが、英語ではパンの耳を[ear]を使って表現する事はありません。

スポンサーリンク

他にもパンの耳の英語としては[crust]という表現もあるので合わせて覚えておくと良いでしょう。

例文として、「娘はいつもパンの耳を食べずに残しています。」は英語で[My daughter always leaves heel of bread uneaten.]などと言えばオッケーです。

また、型に入れて焼いた食パンそのままである「食パン1斤」は英語で[a loaf of bread]などと表現します。

スポンサーリンク

複数形の数え方として「食パン2斤」は英語で[two loaves of bread]となるので、覚えておきましょう。

ちなみに、日本では切り落とされて販売されている事が多い、食パンの両端の耳だけの部分(食パンの外側)を英語では[end slice of a loaf]などと表現し、海外では割とそのまま袋に入って売られている事が多いんですよ。

合わせて、食パンの耳とは食感が真逆の【クリームパンは英語で通じる?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました