お願い!もうやめて!→私を争うインドのおじさん達【世界を旅する私の話(15)】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お願い!もうやめて!→私を争うインドのおじさん達
お願い!もうやめて!→私を争うインドのおじさん達【世界を旅する私の話(15)】

<お願い!もうやめて!→私を争うインドのおじさん達>世界を旅する私の話(15)

前々回前回に続き、今回も世界一周旅行中に訪れたインドでの話です。

インドにいる時、駅から宿への移動などでインドの三輪タクシーであるリキシャを利用することがよくありました。

スポンサーリンク

海外旅行に行ったことある方なら経験あると思いますが、海外ではタクシー・トゥクトゥク・リキシャの客引きが普通にあり、それに伴い値段交渉をするドライバーが多くいます。

特に駅前や大きなバス停前だと、我先に客をゲットしようと、すごい数のドライバーが集まってきて次から次へと話しかけてきます。

面白かったのがインドでの客引きのおじさん達。

ここのドライバーたちは他のドライバーを下げまくって自分をアピールしてきました。

スポンサーリンク

運転手1「どこ行きたいの~?○○なら▲▲ルピーで」
運転手2「それは高すぎる!俺だったら××ルピーでいいよ」
運転手3「俺のところは■■ルピーだ!」

このような値段交渉は序の口で、この場合は話を聞いていると勝手に値段が下がっていくのでありがたいです。笑

レベルが上がる(?)と「こいつはそこの場所知らない。こいつは何も知らないんだ!俺のリキシャに乗れ!」と攻撃が始まります笑

スポンサーリンク

言われた方も、当然「いや知ってるわ!適当なこと言うな!!」と反撃します。

更に別なドライバーも「こいつの運転はクレイジーだからやめておけ!!ケガをするぞ!!!」と参戦しカオス現場はカオス…。

illustration by くのこ

全員が全員、いかに他のドライバーがダメなのかを力説してくれました。笑

スポンサーリンク

実際、インドのリキシャは前後上下に揺れてジェットコースター並みに怖い事が多かったです。

キャーキャー言ってる私を見て「俺のドライブテクニックを見ろ!」と言わんばかりに笑いながら運転していましたが…。

みんな知り合いって感じなので、仲が悪いんだか良いんだか分かりませんが、客をほったらかしにして勝手に話を進める運転手たちには困りつつ思わず笑ってしまった出来事でした。

次回は、インドで遭遇したとんでもないセクハラ爺さんをご紹介します!

第1話から見たい方はコチラから

 

今回の記事で紹介されたタクシーとは違い、電車やバスなどを意味する【公共交通機関は英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました