惚れてまうやろ~!イギリスで困ってたら颯爽とイケメン登場【世界を旅する私の話(17)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
惚れてまうやろ~!イギリスで困ってたら颯爽とイケメン登場
惚れてまうやろ~!イギリスで困ってたら颯爽とイケメン登場【世界を旅する私の話(17)】

<惚れてまうやろ~!イギリスで困ってたら颯爽とイケメン登場>世界を旅する私の話(17)

世界一周中に色々なハプニングを経験している私ですが、今回は海外で優しさを感じた出来事です。

海外旅行と言えば重いスーツケースを持って移動するのって大変ですが、これは私と妹が2人でイギリスに行った時の話です。

スポンサーリンク

長距離フライト&空港からの電車移動で疲れていた時、地下鉄から地上に上がる長い階段を見つけたので、2人で1つずつ荷物を運ぼうとしていた時のこと。

通りがかったイギリス人男性が「これ上に運ぶの?」と言い、さっと持ち上げて上まで運んでくれたのです!

私たちが2人で運んでいたスーツケースを一人で軽々と持ち上げたうえに、運んだあと「Bye」とだけ言ってすぐに去ってしまうところがまたカッコイイ!
押しつけがましくないところが素敵ですよね!

illustration by くのこ
スポンサーリンク

また、インドの満員電車で身動きが取れず座席までたどり着けずに困っていた時の事です。

たまたま同じ電車に乗っていた軍人の団体が私に気付いて声をかけてくれました。

「チケット見せて?」と言われたので、切符を見せると「そこまで連れて行ってあげるから付いてきて。」といって頭上に荷物を持ち上げ座席まで運んでくれたのです!

軍人さんが「みんな道を開けて!」というと、人が避けてくれるので後ろをついていくことで簡単に移動することができました。

スポンサーリンク

その他の国でも私が一人で思い物を運んでいると、あちらから声をかけて手伝ってくれるということがよくありました。

困っている人を見つけてもなかなか声をかけるのには勇気がいりますが、この時の嬉しかった経験を思い出し、私も助けてあげられる人になりたいなと思った出来事です。

次回は、台湾の結婚式で見た、新郎に課せられる謎の儀式についてご紹介します!

第1話から見たい方はコチラから

 

今回の記事でも気になる荷物ですが、荷物の準備をする時の【準備完了は英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました