【義理の息子】は英語で何て言う?「娘の夫・同居する」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

血の繋がりが無い【義理の息子】は英語で何て言う?

血の繋がっていない【義理の息子】は英語で何て言う?
血の繋がっていない【義理の息子】は英語で何て言う?

「義理の息子」は英語で【son-in-law】

自分の娘が結婚した旦那さんの事など、血縁関係の無い息子を意味する「義理の息子」は英語で[son-in-law]などと表現出来ます。

ここで使われている[law]は「法律」という意味なので、英語では「法律の中での息子」というニュアンスで義理の息子を表現する訳ですね。

スポンサーリンク

また、日本語の「義理の息子」という表現では、自分が結婚した相手の連れ子の事なども指しますが、英語では自分の配偶者が連れて来た血のつながりのない息子(継子)の事は英語で[step son]などと表現しますよ。

例文として、「義理の息子とはあまりそりが合わない。」は英語で[My son-in-law and I don’t really get along.]などと言えばオッケーです。

また、「同居する」は英語で[live together]や[live with]なんて言えるので、「義理の息子と同居する事になった。」は英語で[I will be living with my son-in-law.」なんて表現出来る訳ですね。

スポンサーリンク

ちなみに、義理の息子の事を「自分の娘の夫」というニュアンスで[my daughter’s husband]なんて言っても良いですが、かなり相手との距離感を置いた表現になってしまうので、仲が悪い感じに見えてしまうので気を付けましょう。

合わせて、義理の息子が一緒に帰ってくる事もある【帰省は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました